Event is FINISHED

Polaris Night #3 - 起業家の思考、エフェクチュエーション

Description

起業家の頭の中はどうなっている?


起業家の思考、エフェクチュエーション。
日本ではまだ耳慣れないこの言葉。

アントレプレナーシップ研究においても、世界350超の大学でテキストに採用されるという、いま注目のテーマです。
スタートアップに限らず、大企業においても新規事業が活性化し、サラリーマンにもイノベーティブなアイデアが求められるこの時代。

優れた起業家は、一体どのような思考回路をしているのか。
これを体系づけたのがエフェクチュエーション。

ノーベル経済学賞を受賞したハーバート・サイモン教授の弟子であるインド人経営学者、サラス・サラスバシーによって体系化されたもので、サラスは2008年に『エフェクチュエーション−市場創造の実効理論』を発表。
今回は、この本の訳者の一人である、立命館大学経営学部の吉田満梨准教授にお話を伺います。

タイムスケジュール

19:00 開場
 19:15 - 19:30 主催者よりイベント概要説明
 19:30 - 21:00 パネルディスカッション
 ・登壇者紹介 ( 各自の仕事内容紹介 )
 ・エフェクチュエーションとは
 ・社内でイノベーターを育てる方法
 ・写真撮影
 21:00 - 21:20 交流会
21:30 完全クローズ

パネラー

■吉田満梨 / 立命館大学経営学部准教授
神戸大学大学院経営学研究科博士後期課程修了、首都大学東京都市教養学部経営学系助教を経て、2010年より現職。
専門は、マーケティング論で、特に新しい製品市場の形成プロセスに関心を持つ。主要著書に、『ビジネス三國志』(共著、プレジデント社)、『マーケティング・リフレーミング』(共著、有斐閣)、『デジタル・ワークシフト』(産学社)、訳書に『エフェクチュエーション:市場創造の実効理論』(碩学舎)など。

■粟島 亨 / 総合商社 技術・投資戦略 、タニモクライフアンバサダー
電気メーカの中央研究所でキャリアをスタートし、半導体分野の研究開発に20年以上従事。技術の製品化の過程でビジネスに興味を持ち、44歳でビジネススクールに通う。5年前に総合商社に転職し、先端技術に基づく事業開発に取り組む。自らの経験知と合致する「エフェクチュエーション」の理論に大いに共感している。

モデレータ

■Nocchi / Folioworks
自律分散型社会の構築を目指し、ポートフォリオワーカーの支援事業を行う。
副業・複業コミュニティPolaris、ビジネスグラフィックワークショップGraphiculを運営。
自らもIT企業で新規事業企画を担当する副業社員でもある。

メディア協賛:Polaris
https://findyourpolaris.com/
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#434421 2019-05-15 02:33:58
Mon Jun 3, 2019
7:00 PM - 9:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
早割チケット(5/24まで) SOLD OUT ¥1,500
通常チケット SOLD OUT ¥2,000
Venue Address
中央区銀座6丁目10−1 GINZA SIX 10F Japan
Organizer
Polaris
158 Followers